【グルコオリゴ糖】α-グルカンオリゴサッカリドが含まれる化粧品

オリゴ糖 成分

α-グルカンオリゴサッカリドという成分を知ってますか?

知らないですよね??

知らないのが普通だと思います!

わたしも全然知らなかったんですが、使っていた化粧品の成分に含まれていたので、気になって調べてみました。

α-グルカンオリゴサッカリドは、オリゴ糖の一種です。

オリゴ糖って、ヨーグルトなどに含まれていて、便通を良くしたり体に嬉しい作用があります。

けっこう有名な成分なので、オリゴ糖は知っている方もいるかと思います。

オリゴ糖というと、腸へ働きかける成分だと思われガチです。

でも、オリゴ糖の種類はたくさんあります。

オリゴ糖の中には、肌につけると肌の調子を整えてくれる成分もあるんです。

それが、グルコオリゴ糖の「α-グルカンオリゴサッカリド」です。

α-グルカンオリゴサッカリドはどんな成分?

α-グルカンオリゴサッカリドは、肌フローラを整えてくれる成分です。

肌フローラとは

肌の表面に存在している常在菌のことです。

腸内フローラのお肌バージョンだと思ってもらうとわかりやすいです。

肌フローラの状態で、肌が健康かどうか左右されます。

肌フローラは大きくわけて3種類あります。

  • 表皮ブドウ球菌(善玉菌)
  • 黄色ブドウ球菌(悪玉菌)
  • アクネ菌(日和見菌)

スキンケアをするには肌フローラを整えることも大切なんです!

肌フローラとα-グルカンオリゴサッカリドの関係

黄色ブドウ球菌(悪玉菌)やアクネ菌(日和見菌)が増えすぎると、肌フローラのバランスが崩れてしまいます。

肌フローラのバランスが崩れると、肌荒れの原因に(;’∀’)

肌フローラのバランスが崩れた状態で、高価な化粧品を使っても肌荒れは治りません。

・・・ここで登場するのが、α-グルカンオリゴサッカリドです(^^)/

 

α-グルカンオリゴサッカリドは、肌フローラの表皮ブドウ球菌(善玉菌)を成長させます。

肌フローラの理想的な状態は、表皮ブドウ菌(善玉菌)が増えて黄色ブドウ球菌(悪玉菌)が減ること!

表皮ブドウ菌(善玉菌)が成長して増えれば、黄色ブドウ球菌(悪玉菌)が減ってくれます♪

なので、α-グルカンオリゴサッカリドを使って表皮ブドウ球菌が育つと、肌フローラを整えることできます。

肌フローラのバランスが良くなると、肌にうるおいが生まれて肌荒れしにくくなります。

肌の調子が悪いと感じたら、もしかしたら肌フローラのバランスが崩れているのかもしれません・・・

 

α-グルカンオリゴサッカリドには副作用はない?

肌フローラを整えてくれるα-グルカンオリゴサッカリドですが・・・

副作用とかはないのでしょうか?

答えは・・・・

ありません!

肌に塗っても全然問題なし!!

α-グルカンオリゴサッカリドはオリゴ糖の一種なので、そもそも食べても平気な成分です。

なので、肌につけるだけで副作用とか起きないので安心して使ってOK♪

 

α-グルカンオリゴサッカリドの含まれる化粧品

α-グルカンオリゴサッカリドなどの肌フローラを整えてくれる化粧品は増えています。

最近、わたしが使ったリグレ(幹細胞美容液)にも含まれています。

リグレには肌フローラを成長させる成分が2種類含まれているので、美肌効果が十分期待できます( *´艸`)

ちなみに、肌フローラを成長させる成分は「α-グルカンオリゴサッカリド」と「ラ・フローラec-12」が含まれています。

ラ・フローラec-12の詳細はこちら>>

リグレはヒト幹細胞エキスを使っている美容液ですが、肌フローラを整える成分も含まれています。

わたしも使ってみて数カ月で美容効果を実感しました♪

▼リグレを使ってみたレビューはこちら▼

リグレ 口コミ

α-グルカンオリゴサッカリドのまとめ

  • オリゴ糖の一種で化粧品に使われている
  • 肌フローラを整えて美肌へと導いてくれる
  • 肌に塗ることで副作用などの心配はない