ヒト幹細胞エキスについて徹底解説!種類や成長因子って何?

ヒト幹細胞エキス

ネットなんかでも話題になってき始めている、アンチエイジングアイテムの《 幹細胞コスメ 》って知っていますか?

わたしが幹細胞コスメを知ったのは、アンチエイジングのケアが気になり始めてネットで検索したのがきっかけです。
そこには「美容整形級」とか、今考えるとちょっと誇大広告じゃない?と思ってしまうくらい大袈裟におすすめされていました笑

ただできるだけ効果が高いアンチエイジングのアイテムがほしいと思っていたので、幹細胞コスメについて調べてみることに。
幹細胞コスメはヒト幹細胞エキスを使っているものが効果が高い!ということを知りました。

今回は幹細胞コスメでも効果が高い!といわれている「ヒト幹細胞エキス」ってなんなのか?とわたしが調べたことについて共有させてください(^^)/

ただ細胞とかの専門家ではないので、そこのところはよろしくお願いします…。

 

幹細胞エキスとは?

幹細胞エキス

まずはそもそも幹細胞ってなに?幹細胞エキスって何なのか?というところから。

幹細胞とは、細胞自身が分裂・増殖できて骨や皮膚・臓器などの個別の細胞に分化できる細胞のことを言います。
つまり皮膚など固有の細胞を作る元になる細胞ということ。

幹細胞は細胞の新陳代謝を作っていて、古くなった細胞や壊れてしまった細胞を補うように新しい細胞をどんどん作っていきます。
例えば話題になっている骨髄には、血液を作り出す造血幹細胞が含まれているので、血液が作れなくなったときに移植すると効果があるということなんです。
あと、人間の一番最初の姿の受精卵なんかは、どんな細胞でも作り出せる万能な幹細胞なんですよ!

美容に関係するのは皮膚を作り出す表皮幹細胞。表皮幹細胞は皮フの一番下の層である基底膜に存在しています。
この表皮幹細胞が皮膚の細胞を作り出すことで、肌のターンオーバーも作り出されています。

表皮幹細胞の働きが活発な時はターンオーバーの周期が短く若々しい細胞で肌が作られるので肌も美肌に。
ところが、幹細胞の働きが鈍るとターンオーバーが遅くなり、肌が古い細胞でおおわれているので老けた肌になってしまうんです。

幹細胞コスメはこの表皮幹細胞の働きに作用させるのが目的!
表皮幹細胞を活性化させることで、ターンオーバーを整えて若々しい肌を作り出させよう!というアイテムです。

そしてそんな化粧品に使われている幹細胞エキスというのは、幹細胞を培養させた培養液のこと!

実は幹細胞コスメといっても幹細胞が入っているわけではないんです。
というのも細胞は人それぞれ違うので、少しでも違うところがある細胞が入ってきたら身体はその異物を拒絶してしまいます。
だから幹細胞そのものを入れていても肌トラブルになってしまうだけ…。

幹細胞エキス(培養液)には、幹細胞から分泌された幹細胞を活性化させる成長因子という成分が入っています。
この成長因子が肌に塗った時に幹細胞を活性化することで、肌荒れしたりせずに効果を発揮してくれるんです。

 

幹細胞エキスの種類について

ヒト幹細胞エキス 種類

実は幹細胞コスメといっても種類があって、選び間違ってしまうと思っていた効果が出ない…なんてことになりかねません。

そうならないようにしっかり幹細胞エキスの種類について知っておきましょう!

大きく分けて種類は3つ。

  • ヒト由来幹細胞エキス
  • 植物由来幹細胞エキス
  • 動物由来幹細胞エキス

があるので、それぞれについて紹介していきますね。

ヒト由来幹細胞エキス

ヒト由来幹細胞エキスは、最も効果が高いといわれている幹細胞エキスです。
美容や医療で使用されているのは主に人の皮下脂肪からとった脂肪由来の幹細胞。
このほかにも歯茎の神経からとれる神経細胞由来の幹細胞などもありますが、採れる量が少ないこともあってコスメに使われるのは脂肪由来がほとんどです。

脂肪由来の幹細胞には、量が多くとれるだけじゃなくほかのヒト由来幹細胞よりも成長因子が多く分泌されるというメリットがあります。
つまり培養液が少ない量でもしっかり肌の幹細胞を活性化させてくれるということ。

脂肪由来だからといって脂肪が増えてしまう…ということはないので安心してください!笑

植物由来幹細胞エキス

植物にも傷ついた細胞を再生させる幹細胞が存在しています。
なかでも話題になっているのが、4か月腐ることがないといわれている奇跡のリンゴ。この奇跡のリンゴの幹細胞を使った幹細胞エキスが使われているコスメが多くみられます。
ただリンゴ自体数が少ないので、ほかの植物由来の幹細胞コスメに比べると希少価値が高く値段もややお高めになってしまうのが残念なところ。
リンゴ由来の幹細胞のほかにもアルガンやカミツレ・バラなどの植物由来の幹細胞があります。

植物由来の幹細胞培養液は抗酸化作用が高いのが特徴なので、紫外線による肌の劣化や老化防止には効果が高いのが特徴です。

ただし、ヒトと植物では細胞の仕組みが違うのでヒトの幹細胞に対してどのように作用するか不明な部分もあります((+_+))

動物由来幹細胞エキス

これは人以外の動物の細胞を使った幹細胞培養液です。
中でもヒトの肌になじみやすいといわれている羊の幹細胞を使ったものが多く、ヒトの皮膚幹細胞に似た子羊の毛根幹細胞を培養したものや羊プラセンタ幹細胞を使ったものが多く使用されています。

動物由来の幹細胞は植物の細胞に比べると人の細胞に近いので、植物由来の幹細胞よりは効果が高いといわれています。
ただ、ヒトの細胞とは厳密には違うため植物由来同様に安全面での心配はあります…。

 

成長因子(グロースファクター)について

上のほうでも説明したようにどの由来の幹細胞コスメでも、幹細胞そのものが入っているというわけではありません((+_+))
幹細胞コスメの美容効果を作り出しているのは成長因子です。

成長因子はグロースファクターとも呼ばれていて、ざっくりいうと名前の通り幹細胞の成長を促進させる成分

幹細胞を培養するときに、幹細胞の培養液中に成長因子がたくさん分泌されます。
この成長因子には傷の治りを促進させる因子やコラーゲン合成を促進させる因子などいろいろな種類があります。

美容に効果が高いとされていて、幹細胞コスメによく入っている成長因子にはEGF、TGF、PDGFがあります。

成長因子

EGFは上皮成長因子で、表皮(皮フ)の細胞の成長や増殖の調節に重要な因子です。簡単に言うとターンオーバーにかかわってくる因子ですね!
TGFはトランスフォーミング増殖因子といってコラーゲンの合成や増殖を促進する因子です。お肌のハリやシワになりにくい肌作りに重要!
PDGFは血小板由来成長因子といって炎症を抑えたり傷の治癒に関係しています。つまり肌荒れを治すのに大切な因子ということです。

上の3つ以外にもいろいろな成長因子がありますが、この成長因子がはいった培養液(エキス)を肌にぬることで、自分の幹細胞が活性化されて美容効果が得られるんです(^^)/

培養液中には成長因子だけでなくヒアルロン酸やコラーゲンも含まれているので、アンチエイジングにぴったりの美容エキス♥になっています。

ヒト幹細胞エキスのスキンケアについて

従来のスキンケアとは違い、自分の肌の細胞に働きかけるヒト幹細胞エキスでのスキンケアは最新のもの(*’ω’*)。

今までのスキンケアは肌に栄養を与えるというコンセプトでしたが、ヒト幹細胞エキスを使ったスキンケアは「肌を再生させる」という新しいコンセプトになっています。

肌悩みができてから対処するのではなくて、これからできる肌悩みを無くしていくということができるのがヒト幹細胞エキスをつかった新しいスキンケアのスタイルだと思います。
だってシワやシミはできてから消すのは大変!それだったらできる前にそんな悩みを無くしてしまうのがいいと思いませんか?

それができるのが幹細胞コスメのすごいところになっています(^^)/

最近わたしは、リグレという名前の幹細胞美容液使いました。

2,3カ月、継続して使ってみたレポをまとめてみたので、良かったらご覧ください。

▼幹細胞美容液のリグレを使ってみたレビューはこちら▼
リグレ 口コミ

リグレはヒト幹細胞エキスが配合されていて、EGFを初めとしたグロースファクターも多く含まれています♪

幹細胞美容液ってちょっと値段が高いですが、本気でエイジングケアしたい方はチェックしてみるといいかも(^^)/

わたしがリグレを買ったときはキャンペーン中だったので、割とお得に買うことができました。